パンチャーンガについて

パンチャーンガは、5つを意味する「パンチャ」と、部分を意味する「アンガ」からなるサンスクリット語です。5つの部分は、ティティ、日、ナクシャトラ、ヨーガ、カラナからなります。パンチャーンガは、ヒンドゥー教の祝祭日や、吉兆な時間、ムフールタを確認するために用いられます。

これらのパンチャーンガは、ドリカ・ガニター、すなわち、天空の惑星の星座の位置によって計算されます。用いられるアヤナームシャは、ラヒリ(チトラパクシャ)です。その日の日の出の時間が、惑星の位置や他のドリカ・パンチャーンガを計算するために取り入れられます。

SUN

05:37:28 17:22:34

3

K. Dwadashi

Ashlesha

05:43:11 17:12:49

10

S. Chaturthi

Anuradha

05:49:10 17:03:33

17

S. Dwadashi

Shatbhisha

05:55:25 16:54:58

24

K. Tritiya

Rohini

06:01:58 16:47:15

31

K. Dashami

Magha

MON

05:38:16 17:21:09

4

K. Trayodashi

Magha

05:44:02 17:11:27

11

S. Panchami

Jyeshtha

05:50:02 17:02:16

18

S. Trayodashi

Purva Bhadrapad

05:56:20 16:53:48

25

K. Chaturthi

Mrigshira

TUE

05:39:04 17:19:44

5

K. Chaturdashi

Purva Phalguni

05:44:52 17:10:06

12

S.-Saptami

Mool

05:50:55 17:01:01

19

S. Chaturdashi

Uttra Bhadrapad

05:57:15 16:52:40

26

K. Panchami

Mrigshira

WED

05:39:53 17:18:20

6

Amavasya

Hast

05:45:43 17:08:46

13

S.-Ashtami

Purva Shadha

05:51:48 16:59:46

20

Purnima

Revati

05:58:11 16:51:32

27

K. Shashthi

Ardra

THU

05:40:42 17:16:56

7

S. Pratipada

Chitra

05:46:34 17:07:27

14

S.-Navami

Uttra Shadha

05:52:42 16:58:33

21

K. Pratipada

Ashwini

05:59:07 16:50:26

28

K. Saptami

Punarvasu

FRI

05:35:52 17:25:26

1

K. Dashami

Pushya

05:41:32 17:15:33

8

S. Dwitiya

Swati

05:47:26 17:06:08

15

S.-Dashami

Shravan

05:53:36 16:57:20

22

K. Dwitiya

Bharni

06:00:04 16:49:21

29

K. Ashtami

Pushya

SAT

05:36:40 17:24:00

2

K. Ekadashi

Pushya

05:42:21 17:14:11

9

S. Tritiya

Vishakha

05:48:18 17:04:50

16

S.-Ekadashi

Dhanishtha

05:54:30 16:56:08

23

K. Tritiya

Krittika

06:01:01 16:48:18

30

K. Navami

Ashlesha